2012年11月10日

sukiyaki塾 口頭試問セミナー

本日は、sukiyaki塾の口頭試験セミナーという、技術士試験で、筆記試験に合格した人が受験する「口頭試問」のサポートに行って参りました。充実した時間で、凄く勉強になりました。


image-20121110214642.png
終了後の懇親会。楽しかった!



posted by Hideki at 21:48| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月31日

ようやく

今日で平成23年度が終わり、
明日から新年度。

仕事は、今年度も非常にバタバタだったなぁ。
公園の設計、指定管理者、長寿命化計画、ホームページetc
やっぱり今年も様々な分野の業務に携わりました。
まだ、完全に終わっていないだけに、
憂鬱ですが、
来年度も様々な分野で頑張りたいものです。


個人的なことで、
一番の大きかったことは、父の他界です。
まだ、65歳。。。
これから楽しいことが多い年代だったのに、
残念でした。

9月から入院したままだったけど、
今年の正月は、一泊だけ家に戻り、
今思えば、遺言のようなことを僕と兄に
伝えてくれたように思います。

父が僕に言ってくれたの最後の言葉は
亡くなる一週間前の、
僕が父の病室から出る際に言ってくれた
「ありがとう」でした。
一生、忘れない。

そして、亡くなる時、
呼吸が止まっても
最後の力を振り絞って、
家族のために目を開けてくれたその瞬間も
一生忘れない。

「ありがとう」


そして、最後に、
ようやく技術士(建設部門)を取得しました。
とにかく長かった。

仕事やプライベートなことなどで、
十分に準備ができない年が多かったけど、
何とか合格した。

でもまた、
新たな技術士取得を目指して、
頑張ります。



posted by Hideki at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月17日

技術士 口頭試験

今日は、技術士口頭試験を受けてきた。
会場は、東京、渋谷にあるフォーラム8というところ。

内容は、まだ試験期間中なので、
記載はやめておきますが、
とにかく緊張した45分間でした。

今年の挑戦はこれで終わった。
あとは結果を待つのみ。
とにかく合格してくれることを祈る。。。

帰り渋谷の街をすこし歩いた。
もうクリスマスなんですね。
試験のことでそれどころじゃなかったけど。。。

今年は東日本大震災があって、
色々考えさせられた一年でした。
技術士の試験勉強していても、
技術者として何ができるのか?
もし技術士になれたら何かできることはないのか?
ランドスケープアーキテクトとして
復興まちづくりに寄与できることはないのか?
そのほかにも色々。。。

被災された方々には、
あきらめないで頑張ってほしい。
posted by Hideki at 00:00| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

技術士二次試験

今年もやってきました。
技術士試験。

昨年、一昨年は、ほんとまともな準備もできないままの受験でしたが、
今年は、過去2年間よりも準備はしてきたつもりでした。

しかし、
午前中の建設一般(1800字論述)は、
みんなの予想であった「地球温暖化」の問題ではなく。
「アセットマネジメント」と「公共事業の減少下における建設技術の維持、向上への方策」ときました。
一瞬、焦りましたが、一応、維持管理関係の業務に携わっていることもあり、一応想定内でした。
(出来は別として)

しかし、
午後の選択問題(専門)(2問で3600字)は、
1問はある程度、想定していた問題であったため、書ききりましたが、
もう1問は、ちょっと無理矢理書いているような感じなので、
点数は悪いように思えます。


やっぱり、もっと努力が必要なんでしょうねぇ。
専門(都市及び地方計画)の知識体系をもっと増やさないと
合格は難しいのかもしれません。

ま、まずはお疲れさまでした。
そして、いろいろと支えてくれた家族や会社の方々にお礼を言いたい。

posted by Hideki at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月09日

技術士

今日は、技術士の発表。

うちの会社からは、総合管理部門1名と建設環境1名が合格した。
あ〜〜。いいな。とうらやましく思いながら、
「今年は絶対取ろう!」という思いもこみ上げてきた。

でも我が社は、総社員数に対して、技術士の取得者が多い。
技術士の数だけ仕事が増えていけばいいんですが、
なかなかそうもいかないのが現実です。

会社的には、技術士が増えても
より一層仕事が増えないかぎり、
資格手当などの人件費が高くなるので、
素直には喜べないんでしょうね。

ま、そんなこと考えても仕方ないので、
僕は僕で、自分の目標に向かって進みます。
(でも資格手当は欲しいなぁ。)

がんばれ!自分!
posted by Hideki at 13:00| 兵庫 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

技術士試験

初めての技術士試験。
試験場大阪産業大学。
11年ぶりくらいにくるなぁ。と思いながら歩いてると、
大学の目の前には、夏の甲子園出場する大阪桐蔭高校があるじゃないですか。
そういえば今日試合があるし。。。

そんなことを思いながら
試験会場へ。
微妙に暑い。
もう少し涼しいとありがたいのですが。。。

さて、試験開始。
午前中(9:00〜12:00)は経験論文。
時間ギリギリで、急いで書いたためか、腕がつりそうでした。

昼休み。
僕の前の席の人たちは、サロンパスを張っていました。
腕と肩が痛くなるのはみんな同じなんですね。

午後(13:00〜17:00)建設一般(択一、記述)と専門(記述)でしたが、
こちらも時間配分が難しかったです。
建設一般の記述問題は、先輩がくれた予想問題と同じものでしたが、
完全には覚えていなかったのでちょっと今ひとつ。。。

とにかく、疲れましたの一言です。

終わってから大学時代の友人と反省会(?)
いや、ただ焼肉を食べて帰りました。。。
posted by Hideki at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

いよいよ明日

いよいよ。技術士(建設部門)試験ですが、
準備は万全といきたいですが、正直のところ全然です。

技術士試験は、午前中に経験論文(3600字)、午後に建設一般(択一15問(20問中)、記述(1800字))、専門記述(都市及び地方計画での受験なので2問で3600字)という一日に9000文字も書く過酷な試験です。

ですから充分な対策をしておかないとアドリブでは太刀打ちできない試験です。
しかし、駄目でも駄目なりに何かを得なければなりません。
来年から技術士試験方法は変わりますが、建設一般の記述と専門問題は、来年からも残るのでその部分については、何とか解答して、合格発表の際の評価をみてみたいものです。

ま、できる限りのことをして望みます。


posted by Hideki at 13:47| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

受験票到着

技術士の受験票がきた。

いよいよこの資格に挑むわけですが、
準備が全然できていない。。。
あと1ヶ月なのに

明日は、社内で建設一般の模擬試験が開催されます。
玉砕しそうですが、がんばります。

いつも思いますが、
仕事が結構忙しい中での勉強は大変ですね。。。

posted by Hideki at 00:00| 兵庫 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

1級土木施工管理技術検定 実地試験合格

眉山山頂より2.jpg
無事に1級土木施工管理技術検定に合格しました。
右のLicenseの欄にもちゃんと記載しました。(笑)

今回の1級土木を思い返すとやはり、
学科試験で決まるかなと思いました。
学科試験は、いかに過去問をやって、分からないところを
徹底的に理解しているかがポイントだと思う。
今年度の問題は、比較的過去問の傾向と同じだったので
それほど難しくは無かった気がしますが(合格したから言えるけど。。。)
予想しない問題も出ているのでしっかり勉強しておく必要があるでしょう。
私は一応5年分の過去問はやりました。

実地試験もほぼ過去問と傾向は同じでした。
経験記述は比較的ポイントを押さえられたと思ったので
大丈夫だと思っていたけど、試験は何があるか分からないから怖い。
無意識に名前を書き忘れていたりするというのも良く聞く。
工程管理、安全管理、品質管理ならではのキーワードを押さえておくのが
一番でしょう。

とりあえず合格して良かったです。

1級土木施工管理技士。
5年前、この資格を取得するつもりは全然無かった。
しかし、当時担当していた公園設計の業務の発注者に
「1級土木か1級造園ももっていないのに〜〜」みたいな
ことを言われた。それからでした。この資格を絶対取ってやると思ったのは。
今思えば、その発注者の方に感謝をしなければいけないのでしょうが、
資格の取得というのは、ほんと自分の気持ち次第だなぁと感じます。
仕事をしながらの勉強は、辛いし大変です。
みんなが遊んでいるときも自分は勉強しなければならない。
しかし、資格取得が目標なのではなく、その先にある別の目標があるから
頑張るのです。はっきり言って1級土木の取得者は数多くいるので
そんなに価値があるわけではない。
でも取得のために努力したこと、取得する為の勉強で知ったことも多くある。
だからいつかきっと取得しておいて良かったと思える時が来ると思う。

ま、よくやった。


次は、技術士に向けて頑張ろう。
posted by Hideki at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

技術士。

技術士。

 平成19年度からの技術士(二次試験)の試験制度が変わるようです。「試験制度の改正」ってほんとに良くなるのか疑問ですが。。。

 今回の変更点で一番大きなポイントはやはり経験論文の廃止です。といっても筆記試験合格者が受けることになる口頭試験では、事前提出をする技術的体験論文(図表等を含め3,000字以内でA4用紙2枚以内)を口頭試験の一部として提出し、その内容について深く突っ込まれることになるようです。

 この件については、いろいろなサイトでも議論されていますが、私個人的には正直難しくなるだろうと考えています。
 建設一般の記述問題や専門の選択問題も応用問題的なものが出題されるようですので、知識だけではなく、深く掘り下げて対策する必要があるのだと思います。来年度(18年度)は現行のままの試験方法だそうですが、私は来年が初めてだけにちょっとショックです。

とにかく日々努力です。
受験する方、共に頑張りましょう。

尚、10月末まで以下のサイトでパブリックコメントを募集しているようです。
http://www.mext.go.jp/b_menu/public/2005/05101102/001.htm
私個人的には、これまでより口頭試験の合格率が下がると思うので、施工管理のような筆記試験合格の有効期限を1年設けることや口頭試験の受験地を東京だけでなく、全国各地で行う(何回も飛行機で東京へ行くのは大変ですからね。)などを要望したいです。

人気blogランキングへ
posted by Hideki at 22:34| ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

1級土木施工管理技術検定試験(学科試験)合格

 今日は1級土木施工管理技術検定試験の学科試験の合格発表でした。朝、ドキドキしながら実家のPCの電源を入れ、ネットのアイコンをクリック。

「サーバーが見つかりません」

もう一度、アイコンをクリック。

「サーバーが見つかりません」

げっ、どうして?混線してるのかな?
でも違った。横にいた兄に「無線LANの人みんな繋がってないわ。」
そうか混線ではなく、それ以前の問題だったのか。。。
諦めて携帯でチェック。

みごと合格!

良かった良かった。
一応、公式発表された解答と答え合わせをしていて8割弱はあったので自信はあったが、試験だけは結果がでるまで油断はできない。

あとは10月の実地試験だ。今年はこの資格をゲットして来年からは念願の技術士の取得に集中したい。

また勉強頑張ります。
posted by Hideki at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。