2008年01月17日

震災から13年

早いものですね。
あれから13年。

今年は、私も13年ぶりに神戸市民としてこの日を迎えました。

震災の年に神戸を離れ、これまではテレビや新聞等をみながら思い返していましたが、
今年は、通勤の際に震災を肌で感じながら、当時を思い返していました。
地下鉄のアナウンスにも「阪神・淡路大震災の教訓を生かして〜」という言葉が入っていたり、
電車の車窓からは、神戸市内の追悼イベントも見えた。

今、防災公園の設計をやっている。
こういうことをいうと、とても怒られるのかもしれないが、
防災公園の整備が減災につながるとは言い難い。
確かに避難所となるだけのスペース(広場)、緊急車両が走行できる園路も必要だ。
でも整備だけで終わってる防災公園が沢山あるように思える。
我々には、どうすることもできない、難しい問題が数多くあるが、
本当に必要なのは、地域住民一人一人の意識だと思います。

震災から13年経って、
関西の人は、震災の恐ろしさを忘れかけているという声を耳にする。
そんなときに、また大きな地震があるものです。
日頃から、万一のためにシミュレーションしておこう。
posted by Hideki at 00:00| 兵庫 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。