2006年10月18日

遊具安全点検講習会

今日は、姫路で(社)日本公園施設業協会が主催する
「遊具の日常点検講習会」に参加してきました。

参加のきっかけは、業務の関係からなのですが、
講習会を通して、公園、学校の遊具での事故が非常に多いことに驚きました。
新聞やテレビで流される情報くらいは、私も把握していますが、
今日の講習会では、点検の仕方、状況把握等の仕方が間違っていることから
発生した事例まで紹介してもらえました。

午後からは、実地講習ということで、
会場近くの街区公園で遊具の点検方法を、
公園施設製品安全管理士の方に教えてもらい、
実際に受講者の私たちが実践してみるというものでした。

素人的には、○だろうと思われるシーソーの横方向の遊び(グラグラ度合)
でも中心の支柱部分に子供の指が挟まる隙間があれば×

みたいな「そうなんや」と思われるものも多くありました。

また、木材や合成木材などにおいては、
外見からみると全然問題ないが、中身は腐食してしまっている
部材のサンプルを見せて頂き、点検方法も教わりました。

終了後、修了証書を頂き、講習会は終了しましたが、
今回の講習会を通して感じたことは、
設計する段階からも、このような遊具の安全性、
維持管理のしやすさを十分に配慮すべき部分があるなと思いました。
遊具だけに限らず、様々な施設の材料選定の段階では共通のことでもありますし。。。

ま、勉強になった一日でした。

061018_1423~001.jpg 061018_1354~001.jpg

posted by Hideki at 00:00| 兵庫 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Landscape Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。