2006年03月23日

さっそく出社

今日からはやくも出社です。

年度末の関係で、人手がいるそうなのです。
無事に、やっていけますように。。。
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

いよいよ2

今日でいよいよ徳島を離れます。

昨日は雨だったので大変でしたが、
今朝は、ちょっと降っただけで何とか西宮に着くまでは大丈夫のような天気でした。
引越しは、自分の車と2tトラックと引越屋さんで行います。
2tトラックは、屋根まで隙間なく荷物が入り飽和状態寸前。
なんとか荷物がすべて載ってしまうことを祈った。

朝、8時、引越屋さんが到着。
食器棚、自転車、バイク、洗濯機、テレビ等を積んでもらいました。
さすがに2tトラックが危険な状態だったので、
ちょっと追加で引越屋さんにお願いし、積込み完了。

最後に、妻の兄や義祖母、私の親と一緒に昼食をとり、徳島を離れました。

最後に国道11号線を徳島市から鳴門方面へ走っている際は、
なんか11年の思い出が車のスピードと同じように流れていきました。



今回の引越で一つ勉強になったのが、
便乗積込という方法(っていうかわかりませんが)でした。

今回、私と妻だけの荷物といってもかなりの量があったので
どうしようかと悩んでいました。
大きいものだけでも運べないかなとネットで調べていると
とある引越屋さんを発見しました。

後日、担当者から電話をいただき、見積のために家にきてもらった際に、
「21日に届くのでもいいのであれば、21日に徳島から神戸に行く便があるので、便乗すれば半額くらいですみますよ。」と親切に教えてくれた。

もちろん、即答で「おねがいします。」でした。

でもこのシステムのおかげで、当初の半額程度の金額で引越ができたのは
大きかったです。

ちなみにとある引越屋さんとは、「ダック引越センター」です。
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

いよいよ

昨日は、会社の送別会の後も会社に戻り、
引継資料や片づけに追われたため、
帰宅は、午前6時。

今日は、寝ずに荷造り。
ここんところ忙しかったので全然荷造りしていないだけに、
ちょっと焦っています。

思い出を思い返すことすらできないくらいに忙しい。。。
引越ししたらすぐに仕事にいかなくてはならないので
体だけは壊さないようにしたいです。
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

送別会Part2(SSJO)

今日は、私が所属するThe Sunny Side Jazz Orchの送別会でした。

サニーサイドには、大学3年の終わりから所属し、この8年間で貴重な経験を沢山させてもらいました。石川県でのモントレージャズフェスティバル in 能登、アメリカでのモントレージャズフェスティバル、北海道での倶知安ジャズフェスティバル、福岡での国民文化祭と大きなイベントはもちろん楽しかったですが、もっと楽しかったのは、毎週土曜日に行っている練習でした。サニーサイドでの時間は、僕にとってはイヤなことを忘れさせてくれる場でもありました。仕事でいろいろなことがあってもサニーサイドでサックスを吹いた後は、「あっ、そういえばなんか悩んでたなぁ」みたいな感じでした。

その土曜日の練習にはもう参加できないのかと思うと寂しいですが
また徳島に帰ってきたときは、一緒に吹きたいものです。

8年間、本当にありがとうございました。

SSJO LAST.jpg
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

送別会part1

今日は、色々と営業関係でお世話になった方々が
私のために送別会を開いてくださいました。
「営業関係で」と書きましたが、
実は、私は3年前の秋から営業と技術の兼務でした。
だから私の多くはの日々は、昼間は外、夕方(夜中)は技術でした。
かなりハードでしたし、正直悩みもしました。
もしかしたら3年前、会社から営業の話が出た時、やめていたかもしれません。

でもそんな中、営業に関しては右も左も分からない僕に
いろいろな面でサポートしてくれたのが、今日集まってくれた面々でした。

僕自身が技術の仕事の兼ね合いで、あまりコミュニケーションがとれなかっただけに、今回このような会を開いてもらったことは本当に嬉しかったです。

ありがとうございました。
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。