2005年10月21日

ハーブ植栽まつり in宮川内調整池

 徳島の吉野川北岸地区(池田町〜板野町)には、この地域の農作物を潤す吉野川北岸用水という全長69.2kmにもなる用水がある。
 この吉野川北岸用水の施設である宮川内調整池(阿波市)で今日、「ハーブ植栽まつり」というイベントがあり、地元の幼稚園児、老人ホームの方々、高校生、関係機関の方々、約300名ほどでローズマリーやアメジストセージ、ミント類など38種類ものハーブを植えました。
 一見、特筆するほどのイベントでは無いかもしれませんが、このイベントには私個人、強い思い入れがありました。

miyagouchi01.jpg

 昨年、ありがたいことにある機関に、この宮川内調整池の周辺整備の設計を委託されました。すでに調整池の改修工事だけが完了していましたが、発注者の調整池周辺を地元の方々に開放したいという意向があったため、調整池を周遊できる管理道兼遊歩道、スロープの設置、周辺法面の苗吹付け工法による緑化等の整備を行いました。
 設計段階で考えたのは、地元の方にただ開放するのではなく、「この場所に来てもらい、何か行動をしてもらう。」ということをメインに考えました。また、周辺の伐採した木や調整池改修工事で発生した石積や巨石を再利用も重要なポイントでした。そんな中、思いついたのがこのハーブ植栽イベントでしたが、「周辺住民等と一緒にハーブを植え、そのハーブを料理や美容(?)に利用してもらう。」そんなことが実現するんだろうか?と昨年の段階では正直思っていました。でも実現したんですよね。会場でも発注者の方に「ついに実現したね。かなり好評ですよ。」とお褒めの言葉を頂きました。でも関係機関の方々の方が、私なんかよりももっと大変だったと思います。ほんと感謝、感謝です。


 イベント開催にあたっては、徳島県立阿波農業高校の先生や生徒さんが準備やサポートをしてくれたので本当に嬉しかったです。幼稚園児やお年寄りの方々へのとても丁寧なサポートも好印象でした。中でも生徒さんの一人が「もっと幼稚園の子と遊びたかったぁ。」といった言葉がとても心の中に残りました。なぜなら、もしこの空間を設計しなければ、もしこのハーブゾーンでの植栽を計画しなければ、この生徒さんと幼稚園児の出会いは無かった訳ですから。。。ちょっと大げさですが。
又、別の場所では、幼稚園児がウバメガシやアラカシといったどんぐりの成る木も植えてくれていたので、これもまた嬉しかったです。

 これからも幼稚園の園児や高校生、地元の方に愛着を持ってもらえる場所になることを願いたいですね。

miyagouchi03.jpg miyagouchi04.jpg
miyagouchi05.jpg miyagouchi06.jpg
miyagouchi07.jpg miyagouchi08.jpg
miyagouchi09.jpg miyagouchi10.jpg

人気blogランキングへ
posted by Hideki at 00:00| ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | Landscape Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。