2005年08月30日

AED(自動体外式除細動器)

 今日、たまたま「愛・地球博」関係の情報をネットで検索している際に発見しました。
 以下はyahoo newsの引用です。
―――――――――――――――――――――――――――――
愛・地球博:心肺停止の観客救助、横浜市大医学部生4人を表彰

会場に100台設置のAED使い−−助けられた男性、感謝の握手
 万博会場内に約100台設置されているAED(自動体外式除細動器)を使って心肺停止した観客を救助したとして、万博協会と長久手町万博消防署は29日、横浜市立大医学部6年生4人を会場に招き、それぞれ感謝状を手渡した。
―――――――――――――――――――――――――――――
 私も愛・地球博へは4月に行きましたが正直、このAEDの存在は知りませんでした(悲)。
 更に調べてみると、このAEDとは電気ショックが必要な心臓の状態を判断し,心臓へ電気ショックを与える機器のことらしい。心臓がけいれんしている状態を「心室細動」と呼び,心臓に電気ショックを与えて細動を取り除くことを「除細動」というらしい。これらが愛・地球博の会場に100台も設置されているのだから凄い。しかもそれを実際に使用し、一人の命が助けられたのだから更に凄い。
これからの公園や公共施設にはこういったものが設置されるようになるのかなぁとふと思ってみたりもしました。確かに万博やテーマパーク等の屋外空間が広いところには必要になるかもしれませんね。しかし、使い方は簡単なのでしょうか?
 私も公共の場をつくる人間として、このようなAEDのような医療福祉関係の知識も蓄えていかないと駄目だなぁと思う今日この頃です。
 愛・地球博もう一度行きたかった。。。でもあと1ヶ月かぁ。。。

posted by Hideki at 00:00| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。