2005年08月12日

Google Earth

Google Earth。

世界各国の航空写真が地球儀に貼り付けられていて自由に見ることが出来る。
たまたま、見たテレビで紹介したので早速ダウンロード。正直、びっくりしました。フリーソフトなので余り期待していませんでしたが、ほんと凄いです。

日本では東京、アメリカの主要都市はかなりの高解像度の航空写真が無料で閲覧できる。しかもニューヨークやサンフランシスコは建物が3Dになる。

早速、新婚旅行で行ったナイアガラやニューヨークをチェック。

「すご−い」

6年前にバンドで行ったモントレー(アメリカ カルフォルニア州)やサンフランシスコ、卒業旅行で行ったイギリス、フランス、スイス、ドイツ、イタリアもチェック。ついでに北○鮮も見ることが出来る。(でも解像度は低め)

でもフリーでこれだけのものが閲覧できたらたぶん悪いことを考えるやつが出てくるだろうなぁ。便利になると同時にリスクも高くなる。なんか恐ろしい時代である。

興味がある方はこちらから

http://desktop.google.com/download/earth/index.html

google earth.jpg
posted by Hideki at 15:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンポートジャズフェスティバル2005

8月6日から8月7日まで、香川県高松市で開催されたサンポートジャズフェスティバルの一環である四国アマチュアビッグバンドフェスティバル(SABL)に私が所属する社会人ビッグバンド「The Sunny Side Jazz Orch.」で参加してきました。

さて、このサンポートジャズフェスティバルは高松市を拠点とするアマチュアビッグバンド「スウィンギン ワンダーランド ジャズオーケストラ(SWJO)」のメンバーが中心となって立ち上げたNPO法人が2004年から開催している。今年は2回目の開催で、9年前から開催している四国四県のアマチュアビッグバンドが集う「四国アマチュアビッグバンドフェスティバル(以下SABL)」も兼ねている。ゲストはあの高橋達也氏(Sax)と海老沢一博氏(Drum)。ちなみに、このSABLは四国四県持ち回りで開催しており、我がバンドのサニーサイドもホストバンドとして1998年と2003年に徳島市で開催している。

8月6日。

この日は前夜祭だったので我がバンドのメンバーは夕方から高松入り、私はお仕事のため送れて高松入りした。二次会では、今回特別に東京から参加の「リーサラスペシャル」というアマチュアビッグバンドのメンバーとなぜかマジックバーでセッションを繰り広げた。「リーサラスペシャル」のメンバーは慶応大学のOBばかりで、やはり皆さんうまい方が多かったです。セッションも皆さん積極的でサニーサイドも見習わないといけませんねぇ。

8月7日。

ジャズフェスティバルが午後2時からだったこともあり、屋島の四国村に観光をしに出かけた。名物の瓦投げと屋島水族館を堪能した。屋島も観光施設なんだからもうちょっと手を入れた方がいいような気がするんだけど。。。閉店した店が建ち並び、お化け屋敷のような建物が多すぎる。遊歩道も綺麗に整備したんだと思うんだけど、ソーラー型のガーデンライトは駄目になっているし。。。高松の建設コンサルタントに勤めてたらすぐに提案するけどなぁ。ま、いろいろとむずかしいんでしょうねぇ。

午後2時。
さあ、本番だ!といきたいところだが、
本番は最後(午後6時)。
4時間も待たなければならない。
待ちくたびれて疲れました。

本番までの間、各県から参加のバンドの演奏を聴いていました。ほんとどこのバンドもうまくなってると思いました。特に女性プレイヤーの頑張りがすごかったです。サニーサイドも私も含めて頑張らないといけないなぁと思いました。

午後6時。みんなで円陣を組んで「サニーサイド ファイト! ファイト! ファイト!」まるで体育系の気合いを入れて本番を迎えました。

今回は1曲目に自分のソロがあったのでちょっと緊張したが、できはともかく何とか無事に吹けました。全体的にも最近練習不足のサニーサイドにしては良かったんでないでしょうか。

本番終了後。速やかに徳島へ来徳。
また夏のイベントが一つ終わりました。
posted by Hideki at 15:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MIDORI zone

2005年3月。一つの親水公園が完成しました。

名前は「水土里ゾーン」(変わった名前です。)

徳島県板野郡上板町七條の県道松茂吉野線沿いの総延長約700m。

もともとここは板名用水をいう今年で100年を迎える用水路。

それをある事業で暗渠化(下水道みたいに大きな管を地下に埋めてその中に農業用水を通す。)したためにそれまで可能であった親水機能や用水路にいる生き物等にふれあう場が失われてしまったためにこの親水公園が整備されることになった。

この公園の主な概要は、次のとおり。

・板名用水という歴史ある用水を象徴する「柿原暗渠出口」復元モニュメント。
・ハナミズキの並木、カンツ バキ、サツキ、キンモクセイ、ガクアジサイ、隅田の花火(アジサイ)、アベリア、ユキヤナギ、スイセン、ハナショウブなど1年を通してどこかで花が咲く植栽。
・用水路の歴史をイメージした親水ゾーン。
・改修前の用水路で使用されていた石積(青石、砂岩)及び石橋(御影石)の再利用。
・四阿等の休憩施設。
というような感じです。

決して規模は大きくありませんが、色々な方の協力でやっとできあがった公園です。

完成後も一生懸命管理をしてくださる地元の方々にはほんと「管理しにくくて申し訳ありません」と言いたいですが。。。

これからは公園の完成までの写真等を載せながら紹介して行けたらなと思います。

では乞うご期待。


kamiita03.jpg kamiita02.jpg kamiita01.jpg

posted by Hideki at 15:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Landscape Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。