2005年08月30日

AED(自動体外式除細動器)

 今日、たまたま「愛・地球博」関係の情報をネットで検索している際に発見しました。
 以下はyahoo newsの引用です。
―――――――――――――――――――――――――――――
愛・地球博:心肺停止の観客救助、横浜市大医学部生4人を表彰

会場に100台設置のAED使い−−助けられた男性、感謝の握手
 万博会場内に約100台設置されているAED(自動体外式除細動器)を使って心肺停止した観客を救助したとして、万博協会と長久手町万博消防署は29日、横浜市立大医学部6年生4人を会場に招き、それぞれ感謝状を手渡した。
―――――――――――――――――――――――――――――
 私も愛・地球博へは4月に行きましたが正直、このAEDの存在は知りませんでした(悲)。
 更に調べてみると、このAEDとは電気ショックが必要な心臓の状態を判断し,心臓へ電気ショックを与える機器のことらしい。心臓がけいれんしている状態を「心室細動」と呼び,心臓に電気ショックを与えて細動を取り除くことを「除細動」というらしい。これらが愛・地球博の会場に100台も設置されているのだから凄い。しかもそれを実際に使用し、一人の命が助けられたのだから更に凄い。
これからの公園や公共施設にはこういったものが設置されるようになるのかなぁとふと思ってみたりもしました。確かに万博やテーマパーク等の屋外空間が広いところには必要になるかもしれませんね。しかし、使い方は簡単なのでしょうか?
 私も公共の場をつくる人間として、このようなAEDのような医療福祉関係の知識も蓄えていかないと駄目だなぁと思う今日この頃です。
 愛・地球博もう一度行きたかった。。。でもあと1ヶ月かぁ。。。

posted by Hideki at 00:00| 🌁| Comment(3) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月26日

Swing 閉店

徳島のJAZZシーンを支えてきた「Swing」が閉店する。
今日と明日は、盛大に盛り上げたいというママさんの提案でセッションライブを開催しました。私も学生の時から今は亡き藤沢清十郎さんのバンドやサニーサイド関係、プロの方々のライブ等でお世話になっただけにとても寂しい気持ちです。セッションに参加するつもりではなかったのですが、なぜか今まで吹いたことのないテナーサックスでセッションにも参加させて頂きました(笑)。Swingの最後の夜に、初めてテナーを吹いたというのは、また忘れられない思い出となることでしょう。

本当にお世話になりました。
またいつの日か復活することを願います。

posted by Hideki at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月24日

Landscape Design No,44

私の楽しみにしている「Landscape Design No,44」が月曜日届いた。
この情報誌は唯一(?)ランドスケープを専門的に取り上げている情報誌で、
私も季刊誌時代のNo,28で載せて頂いた。

最近は隔月の発刊になり、ある程度大きな本屋さんでも見られるようになった。(季刊誌時代は紀伊国屋などの全国規模の本屋さんにしかおいてませんでした。)

で、私が最近楽しみにしているのはここにもコメントをくださった宮川さんが連載する「Media Mix」のコーナーと奥山伊作さんというランドスケープアーキテクトが連載している「プレゼンテーションのためのスケッチテクニック」です。

「Media Mix」のコーナーは前刊のNo,43からスタートしたコーナーですが、出てくるのが若手技術者なのが刺激になる。このコーナーを読むと「自分はどうなんだ?頑張ってるのか?」と問いかけてしまう。自分よりも若い人たちがしかも海外で活躍しているのを見るとほんと頑張ろうという気になります。

「プレゼンテーションのためのスケッチテクニック」は、スケッチの練習にとても参考になります。私も絵を描くのは昔から好きでしたが、ランドスケープのスケッチはまたちょっと難しいものがあります。描いても描いてもなんかしっくりこないんですよね。公園の設計業務なんかでは、打ち合わせの際にイメージとしてCGを使っているのですが、ちょっとしたイメージを発注者に伝えるのにスケッチが描ければとても便利だと思うんです。まだまだ打ち合わせに使える程の腕ではないので頑張って練習します。


posted by Hideki at 20:43| ☀| Comment(4) | TrackBack(1) | Landscape Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月19日

1級土木施工管理技術検定試験(学科試験)合格

 今日は1級土木施工管理技術検定試験の学科試験の合格発表でした。朝、ドキドキしながら実家のPCの電源を入れ、ネットのアイコンをクリック。

「サーバーが見つかりません」

もう一度、アイコンをクリック。

「サーバーが見つかりません」

げっ、どうして?混線してるのかな?
でも違った。横にいた兄に「無線LANの人みんな繋がってないわ。」
そうか混線ではなく、それ以前の問題だったのか。。。
諦めて携帯でチェック。

みごと合格!

良かった良かった。
一応、公式発表された解答と答え合わせをしていて8割弱はあったので自信はあったが、試験だけは結果がでるまで油断はできない。

あとは10月の実地試験だ。今年はこの資格をゲットして来年からは念願の技術士の取得に集中したい。

また勉強頑張ります。
posted by Hideki at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | License | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月18日

丹波篠山渓谷の森公園

 今日は、同じように帰省していた義姉や甥や姪、そして母親と私の妻をつれてバーベキューへ行くことを計画。でも神戸でバーベキューするところ?山??川???う〜ん、全然思いつかない。というのも私の実家は六甲山の裏側の山々に囲まれたところにある。そのような地域に生まれ育ったということとボーイスカウトに入っていたということもあり、どこかの公共施設にバーベキューをしに行ったことはない。だいたいバーベキュー(飯盒炊爨)は、実家近くの山や川が多かった。あっても小学校や中学校でのキャンプくらいだ。だからオートキャンプ場やバーベキューのできる公園などはネットや雑誌の頼らないと仕方がない。
 で、いろいろ嫁さんと探した結果「丹波篠山渓谷の森公園」に決定。
 7m×7mのキャンプサイトやバーベキュー場、炊事場等が揃っていてとてもいい感じ。私の最初の印象は「なんてオシャレなキャンプ場なんだ!」でした。建物のテクスチャーや構造(面格子、転石抱柱、ねじれ柱)が公共施設では珍しいように思えた部分が多かったからです。気になったので色々とネットを使って調べてみると、ここの管理棟等は「第4回木材活用コンクール特別賞受賞」や「平成12年度優良木造施設農林水産大臣賞」を受賞しているそうで、地元の杉材をうまく利用したいい感じの施設でした。
 又、建物だけでなく、ランドスケープもすばらしく、公園内には渓谷らしいせせらぎが残されており、子供達も安全に水遊びが出来るゾーンがありました。今回行くことは出来ませんでしたが、「わんぱくの森」という子供でも登ることができる森の頂上からは、とても景色が良いそうです。また時間があるときにでも行ってみたいです。






posted by Hideki at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

from KOBE

今日から実家のある神戸へ帰省。
私は仕事の関係もあるが、だいたい正月、お盆には帰省する。
徳島から神戸は平成10年4月に開通した明石海峡大橋を含む神戸鳴門淡路自動車道のお陰でほんと早く行き来が出来るようになった。私も実家までは神戸鳴門淡路自動車道と阪神高速を使うが、実家の近くが阪神高速のインターチェンジなので1時間30分くらいで帰ることが出来る。しかも最近は、ETCが整備されたので、前払い割引やマイレージ、通勤時間割引などを利用すると割安で帰ることも出来る。
思えば、大学進学のため徳島へ移り住んだのは10年前。10年前はちょうど阪神・淡路大震災があった年。神戸の中心市街地を走るJR、私鉄は不通だったため、歩いて予備校へいったり、高校へ行ったりもした。受験の時も神戸港も被災したため、傾いた岸壁から高速船に乗って徳島へと向かった。この時から橋が開通するまでの間、海上交通を利用しての帰省だったが、この頃にはこんなに早く、しかも日帰り感覚で神戸まで移動するなんて思っても見なかった。
あともう少し通行量が安くなればもっと有り難いのですが。。。甘いですかね。
posted by Hideki at 00:00| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月15日

AWA Dance(阿波踊り)

阿波踊り。

徳島が一番熱く(暑く)なる4日間。
毎年8月12日〜15日に徳島市内の6つほどの演舞場で開催される。
徳島へ来て10年になるが、阿波踊りを見るたびに徳島県民のパワーを感じる。
日頃は財布のヒモが堅い徳島県民も、阿波踊りと結婚式の時だけは違う。
徳島の人はもしかしたら、阿波踊りが正月なのかもしれない。
私が好きなのは、やはり阿波踊りのちょうど1週間くらい前から変わっていく町の風景だ。
演舞場の桟敷席の設置風景、商店街の提灯、至る所に出現する阿波踊りのサイン等。
これらを見ると夏本番だなぁという感じになる。
神戸で生活していた頃には無かった感覚だ。

今年は久しぶりに阿波踊りへ行ってみた。
毎年、この時期は実家のある神戸へ帰省するが、
今年はお盆が終わってから帰省するため久しぶりに行ってみた。
とても凄い熱気だった。1年に1回だけだからみんな必死だ。
阿波踊りがこれだけ毎年盛り上がるのはやはり「見物型祭り」ではなく、
「参加型祭り」だからだと思う。
阿波踊りは一つの「連」という団体を作って踊る。各団体は春先から一生懸命練習を重ね。
この4日間踊り狂う。
県外から来た観光客も「にわか連」という連にすぐに参加することができるのでとてもいい思い出になると思う。

今年は徳島が世界に誇るLEDを使用した演舞場も出現。
なかなか綺麗な空間が創出されていました。もっとこのLEDを使ってまちづくりができるのでは???
提案できるチャンスがあれば提案したいですね。

awaodori01.jpg awaodori02.jpg awaodori03.jpg






posted by Hideki at 23:47| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月12日

Google Earth

Google Earth。

世界各国の航空写真が地球儀に貼り付けられていて自由に見ることが出来る。
たまたま、見たテレビで紹介したので早速ダウンロード。正直、びっくりしました。フリーソフトなので余り期待していませんでしたが、ほんと凄いです。

日本では東京、アメリカの主要都市はかなりの高解像度の航空写真が無料で閲覧できる。しかもニューヨークやサンフランシスコは建物が3Dになる。

早速、新婚旅行で行ったナイアガラやニューヨークをチェック。

「すご−い」

6年前にバンドで行ったモントレー(アメリカ カルフォルニア州)やサンフランシスコ、卒業旅行で行ったイギリス、フランス、スイス、ドイツ、イタリアもチェック。ついでに北○鮮も見ることが出来る。(でも解像度は低め)

でもフリーでこれだけのものが閲覧できたらたぶん悪いことを考えるやつが出てくるだろうなぁ。便利になると同時にリスクも高くなる。なんか恐ろしい時代である。

興味がある方はこちらから

http://desktop.google.com/download/earth/index.html

google earth.jpg
posted by Hideki at 15:27| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Web | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンポートジャズフェスティバル2005

8月6日から8月7日まで、香川県高松市で開催されたサンポートジャズフェスティバルの一環である四国アマチュアビッグバンドフェスティバル(SABL)に私が所属する社会人ビッグバンド「The Sunny Side Jazz Orch.」で参加してきました。

さて、このサンポートジャズフェスティバルは高松市を拠点とするアマチュアビッグバンド「スウィンギン ワンダーランド ジャズオーケストラ(SWJO)」のメンバーが中心となって立ち上げたNPO法人が2004年から開催している。今年は2回目の開催で、9年前から開催している四国四県のアマチュアビッグバンドが集う「四国アマチュアビッグバンドフェスティバル(以下SABL)」も兼ねている。ゲストはあの高橋達也氏(Sax)と海老沢一博氏(Drum)。ちなみに、このSABLは四国四県持ち回りで開催しており、我がバンドのサニーサイドもホストバンドとして1998年と2003年に徳島市で開催している。

8月6日。

この日は前夜祭だったので我がバンドのメンバーは夕方から高松入り、私はお仕事のため送れて高松入りした。二次会では、今回特別に東京から参加の「リーサラスペシャル」というアマチュアビッグバンドのメンバーとなぜかマジックバーでセッションを繰り広げた。「リーサラスペシャル」のメンバーは慶応大学のOBばかりで、やはり皆さんうまい方が多かったです。セッションも皆さん積極的でサニーサイドも見習わないといけませんねぇ。

8月7日。

ジャズフェスティバルが午後2時からだったこともあり、屋島の四国村に観光をしに出かけた。名物の瓦投げと屋島水族館を堪能した。屋島も観光施設なんだからもうちょっと手を入れた方がいいような気がするんだけど。。。閉店した店が建ち並び、お化け屋敷のような建物が多すぎる。遊歩道も綺麗に整備したんだと思うんだけど、ソーラー型のガーデンライトは駄目になっているし。。。高松の建設コンサルタントに勤めてたらすぐに提案するけどなぁ。ま、いろいろとむずかしいんでしょうねぇ。

午後2時。
さあ、本番だ!といきたいところだが、
本番は最後(午後6時)。
4時間も待たなければならない。
待ちくたびれて疲れました。

本番までの間、各県から参加のバンドの演奏を聴いていました。ほんとどこのバンドもうまくなってると思いました。特に女性プレイヤーの頑張りがすごかったです。サニーサイドも私も含めて頑張らないといけないなぁと思いました。

午後6時。みんなで円陣を組んで「サニーサイド ファイト! ファイト! ファイト!」まるで体育系の気合いを入れて本番を迎えました。

今回は1曲目に自分のソロがあったのでちょっと緊張したが、できはともかく何とか無事に吹けました。全体的にも最近練習不足のサニーサイドにしては良かったんでないでしょうか。

本番終了後。速やかに徳島へ来徳。
また夏のイベントが一つ終わりました。
posted by Hideki at 15:21| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | JAZZ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MIDORI zone

2005年3月。一つの親水公園が完成しました。

名前は「水土里ゾーン」(変わった名前です。)

徳島県板野郡上板町七條の県道松茂吉野線沿いの総延長約700m。

もともとここは板名用水をいう今年で100年を迎える用水路。

それをある事業で暗渠化(下水道みたいに大きな管を地下に埋めてその中に農業用水を通す。)したためにそれまで可能であった親水機能や用水路にいる生き物等にふれあう場が失われてしまったためにこの親水公園が整備されることになった。

この公園の主な概要は、次のとおり。

・板名用水という歴史ある用水を象徴する「柿原暗渠出口」復元モニュメント。
・ハナミズキの並木、カンツ バキ、サツキ、キンモクセイ、ガクアジサイ、隅田の花火(アジサイ)、アベリア、ユキヤナギ、スイセン、ハナショウブなど1年を通してどこかで花が咲く植栽。
・用水路の歴史をイメージした親水ゾーン。
・改修前の用水路で使用されていた石積(青石、砂岩)及び石橋(御影石)の再利用。
・四阿等の休憩施設。
というような感じです。

決して規模は大きくありませんが、色々な方の協力でやっとできあがった公園です。

完成後も一生懸命管理をしてくださる地元の方々にはほんと「管理しにくくて申し訳ありません」と言いたいですが。。。

これからは公園の完成までの写真等を載せながら紹介して行けたらなと思います。

では乞うご期待。


kamiita03.jpg kamiita02.jpg kamiita01.jpg

posted by Hideki at 15:00| ☁| Comment(2) | TrackBack(1) | Landscape Design | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月01日

いよいよ

いよいよ立ち上げです。
どうなるかわかりませんが
よろしくお願いします。
posted by Hideki at 18:50| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。